google-site-verification=C_WRn49xRqG5ZZsQWNtOmRb-B7z7GGXNn6XWvOuZozc
 

壁紙張替え時のワンポイントアドバイス!


下地の状態を考慮して厚めの生地を選ぶ

厚めの生地を使うことで、あまり下地がよくない状態でも、壁紙を張ったあとの凹凸を抑える効果があります。

壁紙の張替えでキレイにに仕上げたい場合は下地の状態を考慮し厚めの生地を選ぶことが重要!


快適な空間にできるように打合せの際に業者さんと念入りに話し合いその中で好きな柄・色をサンプルから選ぶとイメージしやすくなると思います。


壁紙張替え時に注意すること

クロスの張替えをするということは、空き家を購入したか、もしくは、現在居住の状態になるかと思います。

空き家の場合は何も荷物(家具等)がない状態なので問題ないですが、お客様自身が住みながら壁紙の施工をする場合は、いくつかの事前の準備等が必要です。


事前に準備すること

1.壁紙を張り替える部屋の荷物の片付け

2.台所などの食器棚の割れ物は片付けておく

3.電気・水の手配(主に空き家の場合)

4.トイレの壁紙を張り替える場合は事前にトイレを済ませておく


大きな荷物がある場合家族構成上動かせない場合職人に任せることも可能です。

しかし、荷物移動はある限度を越すと「荷物移動費」としてお見積りに含まれてしまいまので事前に話し合いが必要です。


工事が終わった後も業者もお客様もよい関係でいられるようにしたいものです。


御見積書の項目でわかりにくい箇所・項目が少しでもあったらトラブル回避のためにその場で納得がいくまで聞くようにすることが大切です。

壁紙の張替え、その他お困りごとはライゼックホームにお気軽にご相談ください!!

閲覧数:3回0件のコメント