1645636_s.jpg

リフォーム用語集

リフォームを考える際に知っておきたい用語を解説していきます。

​◆隠し丁番

隠し丁番(かくしちょうばん)とは、扉や戸などを閉めたとき、外部からまったく見えなくなる丁番のことをいいます。
「丁番」とは、扉・戸・蓋などの開く建具を支え開閉できるようにする金物部品で、「蝶番(ちょうつがい)」や「ヒンジ」と呼ばれることもあります。外から見えず意匠を損なわないため、家具などに用いられることが多いです。
扉や戸の重さを支えることにもなってくるため、重量によって適切な隠し丁番を選択することが重要となるため、超重量用隠し丁番といった製品まである。